Misaki Nishinaka

I sing my mind with flute.
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
SEARCH
LINKS
CONTACT
OTHERS
<< 10/6 CD発売記念ライブ 「ライヴイン寓話」にて | main | 「 LEQUIO HISTORIA 」リリースライヴスケジュール >>
2年ぶり…西仲美咲の『 逆・奢らせて頂きます! 』


今回のアルバム「LEQUIO HISTORIA」でも
素晴らしいプレイとアレンジを聴かせてくれた竹内大輔!

3年ぶりのアルバムが完成したので2年ぶりに
「逆・奢らせて頂きます」をさせて頂きました
前回の逆・奢らせはこちら →
Click!

この企画は大ちゃんのブログ企画「奢らせて頂きます!」の
スピンオフ企画…というかまだ2回目で2年ぶりですが(笑)

しかし、たまに仕事抜きの場所で話すのも大切ですね。

大ちゃんと会ったのは7月のレコーディング以来で、
その後の制作過程の事など、色々と報告しながら、
アルバムの事、今後のライヴで目指したい事…

共有しておきたい事を、確認できる時間となりました。


では、どうぞ、ご覧下さい!


●日時…2015年9月25日(金曜日)

●場所…三軒茶屋 ●お店…MIKAWAYA


西仲(以下、赤で表示)「じゃ、とりえず、乾杯〜!
マスタリングを終えて、作品が出来た〜!と思った。」

竹内(以下、緑で表示)「そうですよね。結構変わりますからね。
いや、あれホント職人技ですからね。」

「あの世界は凄いなと思った。感動した。」

「ふーん。っていうか、マスタリングって立ち会った事なかった?」

「あるけど、あんなに丁寧なのは初めて。
やっと出来たー!とい感動がなんとも言えなかった。」

「ははは。広がった感じになりますよね。」

「二人だけど、音楽が大きく聴こえる。」

「そこは、きっと増してますよね。」



「ところで、2年ぶりの奢らせなんですけど!」

「2年しか経っていないんですか?」

「あれ、2013年の沖縄那覇で。」

「結局、奢っていないっていう(笑)」

「そうそう、1件目奢れず、2件目も奢っていないって、覚えている?」

「そうでしたっけ?」

「沖縄料理のレキオスで食べて、二件目はsmooth
…そこでのライヴの翌日だったの覚えてる?」


「はい。」

「ライヴで差し入れでもらった白ワインを開けてくれたの。」

「ほー。」

「その前にお店の人が昨日はありがとうって、
シャンパンを開けてくれたの。」


「ははは!なるほど、なるほど!」

「で、結局2本飲んでいるけど、奢っていないっていう。。。」

「なんと、まぁ!奢っていないじゃないですか!
むしろ、レキオスに至っては奢られているっていう。」

「そう、だから今回はリベンジ。」

「2年越しの?」

「そう、2年越しの!アルバムも出来た事だし!」

「そうですね。」

「10月6日、沖縄ライヴよろしくお願いします。」

「お願いします。」

「台風来ない事を祈り、ライヴが楽しく出来れば…
久しぶりの沖縄ライヴだもんね!2013年以来じゃない?」



… 収録曲の事〜KAJADIFU のイントロは調和のメロディ …

「面白い事が起きたんだけど、マスタリングを終えて
目指していた場所に着地出来たと、思った。」

「へー。」

「特に思うのは、かぎやで風って琉球王朝の時代から演奏されてきて
あのイントロは調和のフレーズなんだって。
【調和】が今回の作品のテーマ…このイントロが好きな訳がわかった。」

「なるほど〜。」

「だから、このイントロを永遠に続けたい位、心地よくて…
でも、世の中、辛い事や悲しい事、自然災害も多いし、
そんな現状…もがく様をさ、大ちゃんのピアノが表現しているわけ。」

「あ、そうなんですか!聴いてみますね。」

「そう解釈できるの!」

「やっぱその、感性系のものがないとマスタリング
を聴いたところで…たぶん理想みたいなのが
最初からあったんじゃないですか、最初から。」

「そうかも。」

「だって、マスタリングの作業をやって必ずそんな気持ちになるかって
言ったら、そうでもないですからね。」

「あ〜、例えば、こういう気持ちっていうのは
録音の段階からあるものじゃないかと思うんだけど…」

「難しいですね、それは。」

「うん。コンセプトこれ!とか決めなくても進めて行く中で、
動き始めて
、着地した!いうのもあるんだなと。」

「はいはいはい。最初はそこまで見えていたかは別にして。
ま、感動度はそこが上じゃないですか?!
見えたから、ゴールじゃないですか。

見えなかったら、もしかしたら、何とかならないかなって
言っていたかもしれないし。」


「あー、納得していなかったら絶対言っていたと思う。
あと、こんな感覚は初めてなんだけど
自分の元を離れたーって感覚。」

「外にいった感じが?」

「そう、まだまだと思っていると、絶対執着して
コレをアレをーとか言って、手放していないはず。
でも、今は出来上がったCDが、世に出て行ってほしいわーって。
どうぞ、みなさん、聴いて下さいって思える。


… 竹内大輔アレンジの「月ぬ美しゃ」
「ちんぬくじゅうしぃ」のイントロ

「録音聴いて、感動するよ。大ちゃんのピアノに。」

「あら。」

「本当に!月ぬ美しゃとかさ。」

「はいはい。」

「あれ、なんかさー、
ソロのとこは一人なんだけど、世界がフワーと広い感じ。」

「じゃ、また聴いてみますね。しばらく聴いていないから」

「大ちゃん、ちんぬくじゅうしぃイントロ作ったさ?その話聴かせて。」

「…おぼろげに、交互にやって、寄り添ってきて
そのまま、頭にバン!っていけたらと思ってました。」

「凄くオープニングに、相応しい曲になったね。」

「そうですねー、よく考えましたね。
作るなら一気に作らないと、もたないんですよ、やる気が(笑)」

「あれ、一気に?」

「一気に!リハーサルって言った、1日、2日前に。
なんか、デュオ感出したいなと思って。」

「あのイントロ、だいぶデュオ感あるよね!」

「あるでしょう!!!」


… 「LEQUIO HISTORIA」収録曲は8曲 …

「8曲中、好きな曲ってある?」

「イントロ作っただけに、ちんんくじゅうしぃですかね。
…月ぬ美しゃは元々好きだったし
よく考えると、あれ、俺がアレンジしていますよね!」

「そうだよ!」

「やっぱ、アレンジすると愛着が、、、曲が好きなのと愛着が。」

「でも、本当に演奏の気合いの入り方も違うんじゃない?
月ぬ美しゃ、本当にピアノがいい!」

「あ、本当ですか。
…当初ねー、曲を調べないでって言われたっていう(笑)

まー、それが吉と出たなら。」

「メロディーだけ教えて、あのメロディは美しいから…
どうなるかな?と思って(笑)」

「ああなりました!たまにライヴでやるじゃないですか?
大旨、好評ですよね。」

「そう、だからアルバムに収録して、喜ぶ方が多いと思っている。」


… 石川麻衣子さんが踊りでPVに参加 …

「そうそう!石川麻衣子さんに
踊りで参加してもらって撮影したの。

沖縄本島が台風直撃した翌日の撮影で。
それも近いうち見れると思う。」


「え、それは、どうやって公開するんですか?」

「You Tube! いま、編集中です!」

「いいじゃないですか。」

「私ね、月ぬ美しゃを流して撮影してて、
空を見上げたら、太陽が曇り空が見えてきたわけ。
そしたら、月と思い込んで、ずっと月と思って演奏してた(笑)。」

「いや〜、もう、世界に入ってたんですね。」

「そうそう、後で太陽って気がついて、そんな自分が笑えて!
そしたら、また同じ勘違いを繰り返したの(笑)

「ある意味、太陽を月と思い込む方がパワーとしては上ですよね。」

「あはは〜、女性は月とかって、言われるじゃない?
沖縄では女性は太陽なんだって。」

「やっぱ、もう存在感が大きいんじゃないですか!」


… これから始まるリリースライヴに向けて …


では、改めこれから始まるライヴよろしくお願いします。
意気込みを、、、」

「意気込みですか?デュオ自体は何度もライヴでやっていますよね。
でも、今回はアレンジも含めてデュオという作品だから、
だから、前のたまたまデュオでやっていたのとは違いますよね。
ギュっと締まるものはありますよね。」

「そうだね。ぎゅっと締まるものあるし、
やっぱデュオを選んだのは私だし
…デュオでやってよかったと、
今、思っている。」


「やっぱデュオ感を出して行きたいですね。」

「そうだね。デュオ感。」

「デュオの醍醐味ってやっぱ、一対一とか対等とか…
今回のはどっちも出る部分があると思うんですよね。
アレンジとかも。前とは違うを感じるなーと
思ってくれれば嬉しいですけど。」

「うん。それぞれソリストみたいな。」

「お互いがこだわる部分…
それがぶつかりあって、いいのが出せればいいですけど。」

「そうだね…アルバムでは結構、そういう雰囲気が伝わると思うけど…
アルバムを出した後のライヴも、いつものデュオと違ったものにしたい。」

「そうですよね、そこが第一目的というか。」


(ここから真剣にライヴに向けての話が続く…長いのでカット(笑))

… 2時間弱話し、締めは突然に …

「じゃ、続きは沖縄で。」

「え?続きがあるんですか?!」



その後、2名が合流し更に呑んで、食べて、
白ワインを3本飲み干し〜、

前回、奢れなかった分も合わせたような金額(笑)を、
今回は正真正銘(笑)奢らせて頂きました!
MIKAWAYAさん、
ご馳走様でした!

大忙しの大ちゃん、時間を作って頂き、ありがとう。

今後のライヴをどのように展開するか…

真剣に話し合えた有意義な「逆・奢らせ」でした。
この成果はきっとライヴで!


では、皆様、2人のデュオを
どうぞお楽しみに!!!!!
| Misaki Nishinaka | Interview | - | - |