Misaki Nishinaka

I sing my mind with flute.
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
SEARCH
LINKS
CONTACT
OTHERS
<< 「THE FLUTE」フルート奏者名鑑に掲載! | main | 「おきなわのお嬢さん」と「あかばなーのうた」 >>
お待たせしました!北谷モッズライヴの写真です


「次回のブログで紹介しますね〜」
…と言ってから一ヶ月も経ってしまいました。。。

「LEQUIO HISTORIA」リリース記念ライヴ in 沖縄の写真を
やっと、やっと、ご紹介いたしますね〜〜

沢山ある写真の中で印象的なシーンを選びました。

その中でも私はこの一枚目の写真が大好きです!
ライヴを終えて、皆で笑顔でニッコリ出来る
…そんなシーンを重ねる事が生きている実感でもあります。

ピアニストの竹内大輔、踊りで参加してくれた石川麻衣子さん。
お二人とのパフォーマンスはこれからも、ゆっくり育てて、
…大事に育てて、花を咲かせたい!


それでは、以下、お楽しみ下さい♪




「 夜間飛行 」を朗読してくれた、名嘉睦稔さん。

このコラボは沖縄だからこそ実現した特別なシーンでした。

ボクネンさんの声で「なまんあたるぐとぅに」と聞こえると、
その声に共鳴したくて、シンプルなメロディにただ想いを込めました。




二人目のゲストは古謝美佐子さん!

古謝さんが隣にいるだけで嬉しい〜〜〜♪







ゲストコーナーが終わったと思ったら、
古謝さんがボクネンさんの手を引っ張って、
今度は二人で登場(笑)
三線を持って!




もうここからは、古謝さんの勢いとさすがのステージングで
この奇跡的なシーンを味わおう!と決めました!







古謝美佐子さんは沖縄を代表する唄者である事は
説明するまでもありませんが、

二人の掛け合いは自然で、なんだか…昔の沖縄の風景のようでした。

「毛遊び(もうあしび)」も知っている、ボクネンさん。
男女の掛け合いの唄はさすがの色気と遊び心があります。

沖縄の人にとって、唄、三線は身近で、お互いの気持ちを伝える
手段であったり、その音色はなんとも言えない感情のポイント
でグッとくる一音だったりするわけです。。。


お二人の隣にいて、本当にご縁を感じます。
何か形に出来るよう、オーガナイザー西仲(笑)としても
頑張ってゆきます!


また次回作への意欲と使命感と、
皆様の喜ぶ顔を見たい気持ちでいっぱいです!

またん、まじゅん!あしばや〜〜〜♪






Coyote特別編集号『冬こそ沖縄』刊行記念
  西仲美咲ライブ
2016.3.25@RainyDay Bookstore&Cafe

2016年 3月25日(金)

出演 / 西仲美咲(Fl)竹内大輔(Pf)
Open / 18:30
Start / 19:00
参加費 / 2500円(ドリンク代別)
会場 /
RainyDay Bookstore & Cafe
住所 / 東京都港区西麻布2-21-28 スイッチ・パブリッシングB1F
ご予約はこちらから →
Click!



NEW Album

「LEQUIO HISTORIA」

NEW RELEASE:2015.10.10
2000円(tax in.)SWCD-001
| Misaki Nishinaka | Voice | - | - |