Misaki Nishinaka

I sing my mind with flute.
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
SEARCH
LINKS
CONTACT
OTHERS
<< 西仲美咲 & 竹内大輔 共演10周年記念ライヴ | main |
10周年記念ライヴ・・・ありがとうございました!

 

先日の土曜日に三軒茶屋 MIKAWAYAにて

西仲美咲 & 竹内大輔 共演10周年記念ライヴを楽しく終える事が出来ました!お越し頂いた皆様のお陰です。ありがとうございました!!!

 

周りを見渡すと、音楽や沖縄で繋がったご縁に溢れていて感謝の気持ちでいっぱいになりました。

演奏を重ねることで沢山のご縁に恵まれ夢と情熱の持てる10年を過ごす事が出来たと思います。

 

大ちゃんとの共演10年はいつの間に!

という気持ちでしたが(笑)

新たな10年への気持ちは、なんともワクワクする未来への期待しかありません。

 

またこれからの10年・・・

皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

 

MIKAWAYAの木村さんをはじめ、スタッフの皆様、

美味しい料理とあたたかい対応をありがとうございました。

 

 

そして、最後にうまくお話出来なかったことなのですが・・・

 

この1年間務めさせて頂いたフルート専門誌「THE FLUTE」の「 吹風ぬ音 」連載がこの夏で最終回となりました。最終回は結成したばかりのユニットUchinaa Miramaiの事を写真と共にご紹介。そして、編集者からのご提案があり、沖縄戦の事を書く機会を頂きました。これは誌上レッスンに取り上げた「島唄」にも繋がるのですが、戦跡残る沖縄が観光地としての華やかな部分だけではなく、平和を願う場所になってほしという思いを込め書きました。音楽、フルートとは関係のない内容ですが、最終回のエッセイは終戦記念日のある8月に発売という事で、私に書いてほしいテーマだったとのことでした。編集部のMさん、私にとっても改めて沖縄と向き合うきっかけをありがとうございました。

 

私という人間は沖縄生まれ、沖縄育ちで、あの島で育ったからこそ、今の音楽スタイルがあるわけです。生きる喜びや祈り、命を祝うような沖縄の音楽。その理由は歴史と共にあります。

 

先日のライヴでは涙が先行してしまい、うまくお話できませんでしたが、ライヴの翌日に楽器店へ雑誌「THE FLUTE」を探しに行き、私のエッセイを読んでくれた方もいたようでした。本当にありがとうございます。

 

 

沢山のご縁に恵まれた10年。感謝しかありません。

いつも いつも ありがとうございます。

 

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

uchinaa_miramai

 

西仲美咲、大城蘭、石川麻衣子、3人のInstagramが出来ました!お知らせやライヴレポートなど南風に乗せて皆様にお届けするページです。@uchinaa_miramai

 

 


 

「あかばなーのうた」

RELEASE:2012.9.3
2100円(tax in.)MNR-002


NEW Album

「LEQUIO HISTORIA」

NEW RELEASE:2015.10.10

 

| Misaki Nishinaka | Voice | - | - |