Misaki Nishinaka

I sing my mind with flute.
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
SEARCH
LINKS
CONTACT
OTHERS
CONTEから始まる物語


高校生の頃を過ごした首里。
私が生まれる前からあるという喫茶店があった。
よく学校をさぼって、そこへ行った。
アイスコーヒーとシナモントーストしかオーダーしたことがない。
気がついたら、昨年、閉店した様子だった。
その閉店した喫茶店の近くにCONTEというカフェがオープンした。
このカフェは昨年の10月にオープンしたばかり。
私は、沖縄にいる時はこのカフェに絶対に行く。
なんだか、落ち着くし、やっぱり首里が好きなんだと思う。

首里を歩くと、10代の頃の「いろいろ」を思い出して
胸がギュとなる。鳥掘のバス停を数えきれない程利用した。
いつも大荷物だった。どっさりと楽譜を持って。
そして大事にフルートを持って。
フルートを持って出掛けない日はなかった。

今の私は荷物は少なくなった。そして、すぐタクシー!と手を挙げる。

フルートとは距離感も必要なんて言い訳をするようにもなった。


金曜日。雨の沖縄。
おもろまちから「タクシーで」CONTEへ。
カウンター越しに五十嵐さんがお帰り!と言ってくれる。
私はけっこうそれが嬉しかったりする。
毎回、店中をぐるりと見渡す。

CONTEで心地よい空間のヒントを探しているんだ。

ちょっと慌てて食事をした。
桜坂劇場で映画「人魚に会える日」を観に行く予定だったから。
慌てて食べても美味しい物は美味しい。
沖縄県産の野菜を食べると健康を保証された気がしてくる。
CONTEの器は手に馴染む。
うん。これも心地よさのひとつだね。
次回はもっとゆっくり来ようと思った。

そして、食後のハンドドリップの珈琲がきた。
私は目の前のその白いマグカップを見て
「山口さん!」と心の中で叫んだ。

「このマグカップの作家を知っている!」

2011年、東京から沖縄へ活動拠点を移した年。
私は一ヶ月かけて八重山諸島の学校を中心に21校訪問し、
演奏や指導を行った。
学校訪問の最後の地は与那国島。
私にとっての初めての与那国島だった。

比川小学校からスタートし、島にある全5校を訪問。
行く先々で皆さんが歓迎してくれた。
そのなかで、陶芸家の山口さんと出会った。
山口さんは竹笛名人でもあった。
ある日、笛吹き二人で即興演奏を聴かせてくれたのを覚えている。
ユニット名は「シビランカ」だった。
私はこの言葉がすきになった。
いつかオリジナル曲にこのタイトルをつけるのだ。

沖縄本島に帰る日、
宿まで山口さんの息子さんが来てくれた。

お土産にと白いマグカップを二つくれた。

私は、また絶対に与那国に戻ってくるから
…と、そんな思いしかなかった。


つづく






Coyote 特別編集号「冬こそ沖縄」刊行記念 西仲美咲ライヴ

2016年 3月25日(金)

西仲美咲(Fl)竹内大輔(Pf)

Open / 18:30
Start / 19:00
参加費 / 2500円(ドリンク代別)

会場 /
RainyDay Bookstore & Cafe

住所 / 東京都港区西麻布2-21-28 スイッチ・パブリッシングB1F

ご予約方法はこちらから →
Click!






「あかばなーのうた」

RELEASE:2012.9.3
2100円(tax in.)MNR-002


NEW Album

「LEQUIO HISTORIA」

NEW RELEASE:2015.10.10
2000円(tax in.)SWCD-001

| Misaki Nishinaka | Voice | - | - |
むーる うちなーむんになりました


「 むーる うちなーむん 」

すべて、Made in 沖縄 という意味です。

昨年末より、ステージで着るようになったドレスは
「 PICTURES 」という沖縄のブランドのものです。

初めてアトリエに伺い、試着した時の衝撃と言ったら!
今迄のドレス選びは何だったのだろう?と思う程でした。
ドレスとかって、ちょっとした緊張を強いられると思うんです。
その為、振る舞いが不自然になってしまったり、
女性は自分の魅力を100%発揮出来なかったり(笑)
私で言えば、演奏に影響したり…。

でも、「 PICTURES 」のドレスはその全てを取り払ってくれました。
ストレスゼロなのです。とにかく楽チンなのです。
かと言って、ダボっとした楽チン感ではなく、
女性の身体をキレイに見せるラインが完璧なのです。




そして、沖縄伝統の装飾品である房指輪をつけて…

気がついたら、ステージで絶対的な存在になる物は
「 むーる うちなーむん 」。


実はステージ衣装について私はここ数年、迷走していました。
それは、年齢を重ねて今迄着ていた物、好んでいた物が
似合わなくなった事とか、体型の変化とか〜(笑)
30代の女性なら、共感してくれるかと…(笑)。

でもね、絶対に自分の気持ちや身体にフィットする
心地よいものって求めていれば、巡り会えるものなんですね。

作り手の顔が分かる物を身に纏える喜びは
この歳になって、やっとわかるようになった気がします。


気がついたら、「むーる うちなーむん」。

迷走期間のお陰で辿り着いた私の心地よい場所です。
戻って来たという感覚もあります。



さてさて!
今月のライヴもPICTURESのドレスで登場したいと思います!


皆様、どうぞお楽しみに〜〜〜♪





Coyote特別編集号『冬こそ沖縄』刊行記念
  西仲美咲ライブ
2016.3.25@RainyDay Bookstore&Cafe

2016年 3月25日(金)

出演 / 西仲美咲(Fl)竹内大輔(Pf)
Open / 18:30
Start / 19:00
参加費 / 2500円(ドリンク代別)
会場 /
RainyDay Bookstore & Cafe
住所 / 東京都港区西麻布2-21-28 スイッチ・パブリッシングB1F
ご予約はこちらから →
Click!




「あかばなーのうた」

RELEASE:2012.9.3
2100円(tax in.)MNR-002


NEW Album

「LEQUIO HISTORIA」

NEW RELEASE:2015.10.10
2000円(tax in.)SWCD-001
| Misaki Nishinaka | Voice | - | - |
「おきなわのお嬢さん」と「あかばなーのうた」



沖縄、北谷にあるボクネン美術館にて
ボクネンさんが版画を志す以前に描かれたという
線描画展が開催中です。

その作品のほとんどが「 みやらび 」(少女)。

「 儚く移ろうものの哀れを描き留めたい 」という一心で
みやらびシリーズが描かれたそうです。

私もみやらびシリーズの大ファンです。
父も大好きで実家の玄関にも飾っています。
父はそのみやらびを見て、自分の母親のようだとか、
ジーファーや着物を指差しては、
昔はみんなこういう格好だったと語ったり。。。。
色彩豊かに緻密に描かれた線描画は、沖縄の人なら、
自分の様々な日常や記憶に残るシーンに重ね、
みやらびを通して蘇る感情があるかもしれません。


そして…こんなに嬉しい事はない!というニュースが届きました。

この線描画展のテレビCMにて私のオリジナル曲
「 あかばなーのうた 」が流れています!

ボクネンさんの描くみやらびと共に自分の曲が流れるなんて
本当に夢のような事です。ありがとうございます。

沖縄の皆様、そして沖縄へ旅行に行かれる皆様、
是非ともこのみやらびシリーズの展示会を見に
ボクネン美術館へお出掛け下さいませ。

詳しくはボクネン美術館のHPを →
Click!


ちなみに私の好きな作品を紹介しますと…
「 美童花冠 」(みやらびかかん)という作品です。

上のフライヤー画像のタイトルは「 花冠 」(かかん)。
華やかな表情や肌の質感、弾力感みたいなのが
まさに「みやらびな」な印象です。1988年に描かれています。
一方で、私がお気に入りの「 美童花冠 」(みやらびかかん)は
同じように花冠が鮮やかに描かれているのですが、
少女は伏目で…全体的に暗いイメージです。
気がついたのは描かれたのが1989年、
華やかなみやらびが描かれた翌年という事。
同じ花冠がモチーフで、一年後の全く違う表情…。
私はこの変化こそ「みやらび」だと思いました。
なんとも想像を掻立てられます。そして、もうとっくに過ぎ去った
自分の「みやらび」であった歳を振り返り、
胸の辺りがザワザワするのです。


皆様も色々な想いで作品を見つめ、
お気に入りの一つと出合えるといいですね。

興味があるけど、なかなか行けないという方には
線描画集の購入もおすすめです。→
Click!


それから、CD「あかばなーのうた」はギャリーショプ内にて
販売中です。たまにBGMでも流れていますよ〜〜

美童 美しゃ 十七ツ…




「あかばなーのうた」

RELEASE:2012.9.3
2100円(tax in.)MNR-002




Coyote特別編集号『冬こそ沖縄』刊行記念
  西仲美咲ライブ
2016.3.25@RainyDay Bookstore&Cafe

2016年 3月25日(金)

出演 / 西仲美咲(Fl)竹内大輔(Pf)
Open / 18:30
Start / 19:00
参加費 / 2500円(ドリンク代別)
会場 /
RainyDay Bookstore & Cafe
住所 / 東京都港区西麻布2-21-28 スイッチ・パブリッシングB1F
ご予約はこちらから →
Click!



NEW Album

「LEQUIO HISTORIA」

NEW RELEASE:2015.10.10
2000円(tax in.)SWCD-001
| Misaki Nishinaka | Voice | - | - |
お待たせしました!北谷モッズライヴの写真です


「次回のブログで紹介しますね〜」
…と言ってから一ヶ月も経ってしまいました。。。

「LEQUIO HISTORIA」リリース記念ライヴ in 沖縄の写真を
やっと、やっと、ご紹介いたしますね〜〜

沢山ある写真の中で印象的なシーンを選びました。

その中でも私はこの一枚目の写真が大好きです!
ライヴを終えて、皆で笑顔でニッコリ出来る
…そんなシーンを重ねる事が生きている実感でもあります。

ピアニストの竹内大輔、踊りで参加してくれた石川麻衣子さん。
お二人とのパフォーマンスはこれからも、ゆっくり育てて、
…大事に育てて、花を咲かせたい!


それでは、以下、お楽しみ下さい♪




「 夜間飛行 」を朗読してくれた、名嘉睦稔さん。

このコラボは沖縄だからこそ実現した特別なシーンでした。

ボクネンさんの声で「なまんあたるぐとぅに」と聞こえると、
その声に共鳴したくて、シンプルなメロディにただ想いを込めました。




二人目のゲストは古謝美佐子さん!

古謝さんが隣にいるだけで嬉しい〜〜〜♪







ゲストコーナーが終わったと思ったら、
古謝さんがボクネンさんの手を引っ張って、
今度は二人で登場(笑)
三線を持って!




もうここからは、古謝さんの勢いとさすがのステージングで
この奇跡的なシーンを味わおう!と決めました!







古謝美佐子さんは沖縄を代表する唄者である事は
説明するまでもありませんが、

二人の掛け合いは自然で、なんだか…昔の沖縄の風景のようでした。

「毛遊び(もうあしび)」も知っている、ボクネンさん。
男女の掛け合いの唄はさすがの色気と遊び心があります。

沖縄の人にとって、唄、三線は身近で、お互いの気持ちを伝える
手段であったり、その音色はなんとも言えない感情のポイント
でグッとくる一音だったりするわけです。。。


お二人の隣にいて、本当にご縁を感じます。
何か形に出来るよう、オーガナイザー西仲(笑)としても
頑張ってゆきます!


また次回作への意欲と使命感と、
皆様の喜ぶ顔を見たい気持ちでいっぱいです!

またん、まじゅん!あしばや〜〜〜♪






Coyote特別編集号『冬こそ沖縄』刊行記念
  西仲美咲ライブ
2016.3.25@RainyDay Bookstore&Cafe

2016年 3月25日(金)

出演 / 西仲美咲(Fl)竹内大輔(Pf)
Open / 18:30
Start / 19:00
参加費 / 2500円(ドリンク代別)
会場 /
RainyDay Bookstore & Cafe
住所 / 東京都港区西麻布2-21-28 スイッチ・パブリッシングB1F
ご予約はこちらから →
Click!



NEW Album

「LEQUIO HISTORIA」

NEW RELEASE:2015.10.10
2000円(tax in.)SWCD-001
| Misaki Nishinaka | Voice | - | - |
「THE FLUTE」フルート奏者名鑑に掲載!


高校生の頃から手に取っている専門誌、「THE FLUTE」。

ただ今発売中の4月号は記念の150号です!

その特別企画で国内で活躍するフルート奏者、
先生方の名鑑が掲載され、
私も紹介して頂きました!




ほとんどがクラシックプレイヤーや大先生の名前が並ぶなか、
自分の名前と写真を見つけたときは、本当に嬉しかったです。

「THE FLUTE」は私にとって大きな存在です。

高校生の頃…

まだ現在のようにインターネットが当たり前のようには
利用出来なかったので、沖縄県外のフルート界の様子や
楽曲解説、練習方法をこの雑誌で学びました。

そして…世界中の素晴らしいフルート奏者の存在を
この「THE FLUTE」を通して知ったのです。
師匠である井上信平さんの存在も!

「aka is. funky」と「あかばなーのうた」をリリースした時も
インタビューが掲載されました。
CDを紹介頂く事は目標の一つでしたので
その当時、本当に嬉しかったのを覚えています。

この「THE FLUTE」に掲載される事は
フルート奏者として認められたような重みがあります。
これからまた若い世代の笛吹き達が、この雑誌を手に取り
「誰か」を憧れとし、目標の人となるかもしれません。
私もその「誰か」の一人となるかもしれません。
ならない可能性も大ですが(笑)
しかし、演奏家としての心地よい責任を感じます。



最後に…
いつもお世話になっている、アルソ出版様、
この度は「THE FLUTE」150号発刊、おめでとうございます。
これからも沢山の笛吹きのインスピレーションの源でありますように。
いつまでも笛吹き達の憧れと目標でありますよに。
充実した内容をこれからも期待しています!


ブログを読んで頂いた皆様、
書店又は楽器屋さんで「THE FLUTE」を
探してみて下さいね〜〜〜

沢山のフルート奏者の皆様から読者プレゼントもありますよ!

詳しくはオンラインから →
Click!




Coyote特別編集号『冬こそ沖縄』刊行記念
  西仲美咲ライブ
2016.3.25@RainyDay Bookstore&Cafe

2016年 3月25日(金)

出演 / 西仲美咲(Fl)竹内大輔(Pf)
Open / 18:30
Start / 19:00
参加費 / 2500円(ドリンク代別)
会場 /
RainyDay Bookstore & Cafe
住所 / 東京都港区西麻布2-21-28 スイッチ・パブリッシングB1F
ご予約はこちらから →
Click!



NEW Album

「LEQUIO HISTORIA」

NEW RELEASE:2015.10.10
2000円(tax in.)SWCD-001
| Misaki Nishinaka | Voice | - | - |
北谷モッズへお越し頂いた皆様、ありがとうございました!


金曜日の夜、沖縄は北谷のモッズにてライヴを終えました!
お越しいただいた皆様、どうもありがとうございました!

やはり、故郷である沖縄ライヴは特別な気持ちになります。

日々、夫々がパフォーマンスの為、「何か」を積み重ね
沢山の事を共有出来る、
ダンサーの石川麻衣子さん。
彼女のお陰で沖縄の世界観を
より分かりやすく、
美しくお伝え出来たのではないかと思います。


そして、大ちゃん。
今回のCDリリースでライヴを重ねて来ましたが、
また更に「デュオ感」が深まってきました。

私の気持ちは「ネクスト!」。
また一緒に次に向かって音楽をやっていきたいです。

こんなに素敵な仲間と一緒にパフォーマンスが出来た事、
皆様に聴いて頂いた事…感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、このチームはすごく自然だと思うし
もっと表現を追求出来る仲間だと思っています。


そんな私たちのステージに沖縄の素晴らしいアーティストも
飛び入り参加して下さいました。

CD「LEQUIO HISTORIA」に収録した「夜間飛行」の
作詞、作曲者である版画家の名嘉睦稔さんによる朗読。
あたたかく、やわらかい、優しい声でした。

そして、古謝美佐子さんによる「大村御殿」と「童神」。

その後はボクネンさんと古謝さんによる島唄の演奏!
…沖縄の大先輩たちに支えらて、
予想以上に盛り沢山のライヴとなりました。




古謝美佐子さんとパチリ!

この笑顔!古謝さん、いつも大きな愛をありがとうございます。

今回のステージは次回作へのステップとしたいと思います。


最後に、今回のライヴで支えてくれたスタッフの皆様、
本当にありがとうございました。
CDジャケットに続き、素敵なフライヤーをデザインしてくれた
小池さん、いつも支えてくれる家族、東京から駆けつけてくれた
みんな、福岡から来たお友達、沖縄中から来てくれたみんな…

どうもありがとうございました。

また皆様と笑顔でお会いする日を
心から、心から…楽しみにしています。

皆様と会えるその日まで、心穏やかに…
日々を大事に過ごしてゆきたいと思います。




ライヴ写真が沢山届いたので、
次回のブログで紹介しますね〜〜〜♪


NEW Album

「LEQUIO HISTORIA」

NEW RELEASE:2015.10.10
2000円(tax in.)SWCD-001


| Misaki Nishinaka | Voice | - | - |
ゲストダンサーの石川麻衣子さん


いよいよ今週の金曜日!沖縄北谷のモッズにてライヴです。

今日はゲストダンサーとしてお迎えする石川麻衣子さんと
ランチをしながら打ち合わせをしてきました♪

この写真は8月の沖縄での撮影。
それは台風の翌日…曇り空から一瞬太陽が姿を現し、
まるで麻衣子さんの踊りに自然が共鳴しているかのようでした。

そんな女神のような麻衣子さんの踊りを
沢山の方に見てもらいたいです。




麻衣子さんとは沖縄への想い、愛と感謝、
ステージに立つ意識、本物から学ぶ事
…沢山の事を共有しています。


それぞれのジャンルで表現し、一緒にステージに立てる

うない(姉妹)のような存在がいる事は本当に有難い事です。




私は麻衣子さんとパフォマーンスする時は、
自然の一部になってしまいたいな。

美しいメロディは煌めきを含んだ音で、
その指先からキラキラとこぼれ落ちるようでいたい。

優しいメロディはそっと寄り添い、
沖縄に吹く風のようでありたい。

麻衣子さん、今回の出演に感謝します。
ありがとう!にふぇーでーびる!!!


あ〜、金曜日が楽しみだなぁ。
早く沖縄の空のもと、フルートを吹きたいな。





「LEQUIO HISTORIA」 Live Tour 2016

2016年 1月15日(金)沖縄 MOD'S

西仲美咲(Fl) 竹内大輔(Pf)
ゲスト… 石川麻衣子(踊り)

Open / 19:00
Start / 20:00 2ステージ
前売り券 / ¥2500
当日券 / ¥3000 
ご予約 / 098-936-5708(モッズ)


NEW Album

「LEQUIO HISTORIA」

NEW RELEASE:2015.10.10
2000円(tax in.)SWCD-001
| Misaki Nishinaka | Voice | - | - |
2016年


新年 あけましておめでとうございます!

2016年は「 美 」というテーマを掲げたいと思います。
それは外見のことではく…内面のこと。
私はこれまで、内面からの美しさを発する人々に
たくさん出会ってきました…それは女性も男性も。

内面の美しさが滲み出るような
「 笑顔の花を咲かせる人 」

…その努力はずっと続くかもしれませんが
今年はその努力のファーストステップの年にしたいです。


そして、私の音楽を聞いて下さる方々が、
幸せになるよう、生きる喜びを感じるよう、
ポジティヴなエネルギーを感じてくれるよう…
私自身もポジティヴに感謝の気持ちを忘れずに
日々を丁寧に積み重ねてゆきます。

夢と笑顔に溢れる一年でありますように。

皆様と沢山の感動を共有出来ますように。

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。
西仲美咲






「LEQUIO HISTORIA」 Live Tour 2016

2016年 1月15日(金)沖縄 MOD'S

西仲美咲(Fl) 竹内大輔(Pf)
ゲスト… 石川麻衣子(踊り)

Open / 19:00
Start / 20:00 2ステージ
前売り券 / ¥2500
当日券 / ¥3000 
ご予約 / 098-936-5708(モッズ)


NEW Album

「LEQUIO HISTORIA」

NEW RELEASE:2015.10.10
2000円(tax in.)SWCD-001

| Misaki Nishinaka | Voice | - | - |
2015年…今年もどうもありがとうございました!


ありがとう。2015年。

今年も沢山のご縁に囲まれて
この一年も楽しかったぁ〜〜〜!!!
…と、感謝の気持ちでいっぱいです。

ライヴ会場でお会いした皆様、
そして私を支える関係者の皆様、
ステージに立ち始めた時から応援して下さる皆様、
CDを手に取って下さったあなたも。

どうも ありがとうございました!!!

また皆様と楽しく、音楽を共有出来ますように。
来年も!ライヴでお会いしましょう!






「LEQUIO HISTORIA」 Live Tour 2016

2016年 1月15日(金)沖縄 MOD'S

西仲美咲(Fl) 竹内大輔(Pf)
ゲスト… 石川麻衣子(踊り)

Open / 19:00
Start / 20:00 2ステージ
前売り券 / ¥2500
当日券 / ¥3000 
ご予約 / 098-936-5708(モッズ)


NEW Album

「LEQUIO HISTORIA」

NEW RELEASE:2015.10.10
2000円(tax in.)SWCD-001

| Misaki Nishinaka | Voice | - | - |
coyoteと沖縄


coyoteという雑誌をご存知ですか?

私はこの雑誌がずっと前から大好きです。
表紙とそのタイトルのセンスの良さは抜群で
coyoteを手に取る自分を何故か特別に感じる程でした。

現在、書店に並ぶcoyoteは沖縄特集です。

「 冬こそ沖縄 」… だーる!だーる!(笑)

今回のcoyoteは本当に素晴らしいです。
うちなーんちゅでも楽しめる沖縄特集なのです。

そして、

私のインタビューも掲載されています。

「 LEQUIO HISTORIA 」が出来上がるまで
沢山の物語がギュっと凝縮されています。

このインタビューを屋良文雄さんに、
岩浪洋三先生に… 読んでほしかった。。。



そして、版画家のボクネンさんのインタビューも。

CD「 LEQUIO HISTORIA 」の4曲目に収録した
「 夜間飛行 」の詩と同タイトルの版画も掲載されています。

「夜間飛行」はボクネンさんによる歌詞があると
ライヴなどでもお伝えしてきました。


CDを聴かれた方が、この版画と詩を見て、
それぞれの解釈や想いが沸き起こるかもしれませんね。

やっぱり私は3番目の詩が好きです。


他にも私のインタビューと並行して、金細工またよしの事、
我が心の師匠、古謝美佐子さんのインタビューなど
ファミリーのように大切で大好きな人たちが載っています。

丁寧にそして深い、心にジーンとくる沖縄特集です。

… 多くの方に手に取って頂きたいです。
沖縄を旅するかのようにページをめくれます。
そして、最後のページまで旅して下さい。
エピローグまで辿り着けたら…
また新しいあなたの物語が始まりますように。

みなさま、
是非、書店へお出かけ下さい。


coyote 詳細はWEBからもチェック出来ます →
Click!




「LEQUIO HISTORIA」 Live Tour 2016

2016年 1月15日(金)沖縄 MOD'S

西仲美咲(Fl) 竹内大輔(Pf)
ゲスト… 石川麻衣子(踊り)

Open / 19:00
Start / 20:00 2ステージ
前売り券 / ¥2500
当日券 / ¥3000 
ご予約 / 098-936-5708(モッズ)


NEW Album

「LEQUIO HISTORIA」

NEW RELEASE:2015.10.10
2000円(tax in.)SWCD-001

| Misaki Nishinaka | Voice | - | - |
<new | top | old>